京都 カラーセラピスト資格取得スクールRYB(リブ)カラーリーディングオンライン対応可

コンセプト

RYBカラーリーディング -リブカラーリーディング(RYB Color Reading)- って何?

RYBカラーリーディングの特徴

「何色の意味も理解できるように・・・」 をテーマに開発しました。

近年さまざまな カラーセラピーシステム が誕生しています。

私も カラーセラピー の世界に入って、すでに18年になりましたが、数えれば20種類以上のシステムの勉強をしました。

システムが増えると色数も増えて、RYBカラーリーディングって何?色名から意味を記憶する方法は 腑に落ちていないままの時があります。

そこで、ずっと考えてきたことが、どんな色の意味も説明できるようになりたい!でした。

そこで、考えたのが
「RYBカラーリーディング -RYB Color Reading-」
なのです。

「三原色理論から理解する」

三原色理論を使って、色相環から色の意味を説明することができれば、どんな色の意味もわかります。

ゲーテが提唱しているレッド、イエロー、ブルーの三原色からのスタートです。

そして、色の三属性からも解いていくので、色の意味を自由自在に使いこなせます。

RYBカラーリーディング色相環プロのカラーカウンセラー、カラーコンサルタントとしての活動ができます。

カラーはユニバーサル・ランゲージと言われています。
世界共通のコミュニケーションツールです。

色の意味は、だれもが感じる色彩心理の部分(ユニバーサル・ランゲージ)と、各地域や文化、思想、宗教などから意味をなす象徴学の部分から説明されます。

その違いを理解することで、なぜその意味なのか?を大切にしています。

色の意味は、その理由を知ることで、より深いリーディングに繋がります。

RYBカラーリーディング(RYB Color Reading)の “ツール” は “カラーチャート”

何色を選ぶか?ではなく、どんな色を選ぶか?に焦点をあてています。

どこででも手軽にカラーリーディングができるように、RYBカラーリーディングのツールはカラーチャートツールはカラーチャートを使います。

場所を選ばず、カフェや職場、学校などででも活用しやすくしました。

カラーセッションだけなく他のカウンセリングなどと併用もできます。

また、カラーチャートを使ったセッションだけでなく、色の意味がわかるので、実際にはどんなツールでもOKなのです。

他のシステムにおいてもセッションの際に、役立つ色の意味になります。

個人セッションの案内

フルセッション ¥5,500 (約45分)

  1. RYB カラーリーディング・カウンセリング
    ベーシックまたはアドバンストカラーチャートを使ったカラーセッション
  2. RYBパーソナルカラー診断
    オリジナルパネルを使って似合う色を診断し、色の使い方をアドバイスします
  3. RYBカラーアートセラピーカウンセリングかい
    絵具で色を作る、塗る、描くをその時の状態に合わせてセッションをします

オリジナルセッション ¥11,000 (約90分)

  1. 個人セッションRYBカラーリーディングと他のカラーセラピーのシステム(オーラライトなど)を合わせてカウンセリングします
  2. RYBパーソナルカラー診断とRYBカラーリーデイングで、外面と内面の様子を合わせてセッションします
  3. RYBカラーアートセラピーとRYBカラーリーディングを合わせてセッションをします

90分コースに関してはご希望に応じた内容で組み立てますので、お気軽にご相談ください。